ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

映画「大奥~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇]」感想

 原作も知らないし、テレビドラマも見ていませんが、とりあえず男の数が減ってるんだな、というところだけ抑えておけば問題ないかと思います。
 それで普通に楽しめましたし。
 ドラマから見ているともっと面白くなるのかもしれませんが。あと、歴史には明るくないけど、そう言えばそんなこともあったなと一人納得していました。

 綱吉や右衛門佐の想いが物悲しい。

 男女の立場が逆転した江戸時代を描く作品。
 女性が優れた男を選び、男はその遺伝子だけを残すことが仕事。
 それは将軍である「綱吉(これも女性)」も当然変わらない。

 衣装もセットもさすがに綺麗で、映像が凄かった。
 最後に、ようやく想いが通じ合った「右衛門佐(男性)」のもとに駆けつけるシーンでは不覚にも涙が……。
 ただし、そこに至るまでがやや残念でもある。もうちょっと私が移入できれば良かったと思う。


 以下からネタバレ含む感想。

 あらすじ。
 男にのみ発症する奇病により、男女の立場が入れ替わり、女性が正室や側室を持つようになっていた。
 今回の物語は、五代将軍「徳川綱吉(菅野美穂)」の治世が舞台となる。

 貧しい公家の右衛門佐は大奥でのし上がるという野心を持ちながらも、綱吉に複雑な恋愛感情を持っており、最後に想いを伝えて……。
 そして、優れた才覚を持ちながらも、世継ぎを残すということができずに苦しむ綱吉。最後に右衛門佐と想いが通じ合い……。

 終わり。

 (男女の立場が逆転しているので)優れた才覚を持ちながらも子種としか見られなかった右衛門佐。
 そして同じく優れた才覚を持ちながらも、将軍という立場上、世継ぎを残すことが第一であり、権力闘争の板ばさみにある綱吉。
 この二人がメインの人物ですね。権力に翻弄されながらも頑張って「生きる」、「生き抜く」というところに焦点が当たっていたと思います。
 後は「男と女」「愛」ですか。権力闘争など、繁栄の陰にあった暗い部分を描いていました。

 総じて普通に面白い出来上がりだと思いました。時代劇のセット(?)も凄かった。

2012-12-22 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ