ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ファイアーエムブレム 暁の女神 第四部 終章 その17

 ついに第四部も終わり、クリアとなりました。
 総プレイ時間は三十時間とちょっと。難易度ノーマルだということを考えれば、妥当なところ? 少し時間かかったかも……。
 また時間をあけて、ハードモードもやってみようかなぁ。

 PS.
 あと関係ないですけれど、デモンゲイズGEがようやくVitaTVに対応したのでようやく買えました。ようやくな!
 なので今度はデモンゲイズにのめり込むと思うんで読書感想文などの更新も遅くなると思いますが、許してください。

 では、あらすじは追記から。

 あらすじ。

 導きの塔へとたどり着いたアイクたち。既に到着していたエリンシア隊、ミカヤ隊と合流する。
 そして、正の使徒や、アスタルテ側についたゴルドアの竜たちを撃退しながら、塔をのぼってゆく。
 まずは漆黒の騎士(ゼルギウス将軍)、次はゴルドア王のデギンハンザー、そしてサナキの腹心だった帝国宰相セフェランを倒し、ついにアスタルテのもとへとやってきた。

 説得するが、ベオクも、ラグズも、人々を全て消し去ることを決めたアスタルテと、結局戦うことになったアイク。
 襲い掛かる精霊の群れを潜り抜け、アイクはアスタルテを打ち倒すのだった。

 そして、石になっていた人々も元の姿に戻り、戦い抜いた人々は、それぞれの場所へと帰ってゆくのだった。

 終わり。

 導きの塔へ突入するメンバーは、全員の中から選ばなければなりませんでした。
 なので、強制的に入るアイク、ミカヤ、サザ、サナキ、クルトナーガ、イナ、リュシオンを除き、ミスト、ティアマト、セネリオ、シノン、ガトリー、オスカー、ボーレ、ヨファ、ワユ、エリンシアというメンバーになりました。
 ネフェニーとかも使いたかったんですけどね。せっかく育ててきたのに。あと、アイク組のメンバーが多くなりましたね。ミカヤ組は育てる機会少なすぎるよ……。

 そしてボス戦に次ぐボス戦。

 漆黒の騎士は回復して、反撃をすることで簡単に勝てました。一方でデギンハンザーはかなりの強敵でした。能力値が高いし、ターン開始時の回復量も多いしで。
 セフェランは魔防の高い面子が揃っていたので特に苦労はしませんでした。シノンやヨファの最上級職は三マスまで射程なので、彼らでまず攻撃してから、アイクなどでトドメという感じで倒しました。

 そしてラスボスのアスタルテ。全体攻撃や、オーラというバリアに守られていたり、与えたダメージの半分を跳ね返してくるなど、実に多彩な手段でこちらを追い詰めてきました。
 とはいっても、そこはノーマル。雑魚敵である精霊たちの増援も少数で、無事に撃破することができました。
 ……アイクでトドメをささないと勝利にならないと知らずに復活されたのは、ご愛嬌。

 というわけで、計三十時間に及ぶプレイも終わり、これでファイアーエムブレム暁の女神はおしまいとなります。ノーマルなのに結構苦戦したなぁ(笑)。
 前作をやっていればもっと感慨深いものになったのでしょうが、まあしかたないですね。

 では、あとは総評をもって、プレイ記録を終了したいと思います。

2014-07-11 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ