ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ファイアーエムブレム 暁の女神 第三部 5章~6章 その10

 帝国とガリアとの戦争も転換期です。
 三部も折り返しかなぁ。

 あらすじ。
 撤退するガリア軍を追撃するベグニオン軍を足止めするグレイル傭兵団。
 なんとか敵の攻勢をしのぎきり、偵察から戻ってきたティバーンらと合流し、脱出する。

 悪いことは続く。ここに来て、静観していたデイン王国が、ベグニオン帝国側としてラグズ連合との戦争に参加するこを決め、復興するまでの間、身を寄せていたミカヤたちも戦場へと現れる。
 渡河を終えたガリア軍を待ち伏せしたミカヤ軍だったが、いつまでたっても戦いは終わらない消耗戦となっていた。

 ミカヤは、戦いをやめ、停戦をガリア軍に申し込む。
 しかし、ラグズの士気は落ちず、回復したスクリミルの参戦もあり、ミカヤ軍を振り切っての撤退した。

 終わり。

 支援効果の関係と、優秀な魔法使いということで、持っていたマスタークラウンをセネリオに使い、彼は大賢者へとクラスチェンジしました。
 ただ、失敗したのは、セネリオの出番が少なかったことですね……。ティアマトやハールも20レベルまで育っていたので、経験値をかなり損失してしまいました。

 そして、久しぶりのミカヤたちの側のお話でした。
 どうにもペレアス王子は、王位についてからはふさぎこんでしまっているようです。そして怒りの矛先をラグズに向けたと。
 FEの敵側の王族って、変わり者が多い、というか激情家だったり、陰湿だったりする気がしますね。

2014-06-19 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ