ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ファイアーエムブレム 暁の女神 第三部 序章 その7

 短かったけれど苦労した第二部が終わり、舞台は再び変わります。
 前作でも主人公だったアイクが主役のお話です。

 では、第三部「交わされし誓約」開始です。

 追記。
 メダカは稚魚が最低2匹はいますね。稚エビもそこそこの数いるようです。
 水草がそれなりに茂っているので隠れ場所は多いですし、水流は上部ろ過にしては穏やかと。
 成長しやすい環境なのかもしれませんね。やはり最初の個体は弱っていたのか……。最初期からのエビたちは元気いいですし。

 以下ネタバレ。

 あらすじ。
 久しぶりに本拠地へ帰ってきたアイク率いるグレイル傭兵団。そこに、ガリアからの使者が現れる。
 なんと、獣牙族のガリア、鷹の民の国フェニキス、鴉の民の国キルヴァス、これら三国が組んだラグズ連合と、ベグニオン帝国との間で戦が起きるのだと言う。
 そのきっかけは、復興したデインから、鷺の民の第一王子ラフィエルがガリアへたどり着き、彼が話した内容だった。
 かつてデインの狂王アシュナードの謀略によって、ラフィエルらセリノス民が虐殺されたと思われていたが、その裏で手を引いていたのは帝国元老院だったのだ。

 ガリア側は何度も釈明を求める使者を送るも、なんと帝国は使者を殺すという暴挙に出る。
 こうして、ベオクとラグズ、宿命の戦いが始まった。

 そして、ガリアの言い分が正しいとして、ラグズ連合軍側で参加したグレイル傭兵団は、早速夜間の奇襲作戦に参加するのだった。

 終わり。

 索敵マップでしたが、味方が強かったので落ち着いて進めば苦労しませんでした。

2014-05-30 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ