ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ファイアーエムブレム 暁の女神 第二部 2章~終章 その6

 第二部は非常に短かったです。
 しかし、内容は濃く、一気に敵軍の数が増えて、何度かゲームオーバーを迎えてしまいました。
 ……まあ、ほとんどが些細なミスからなのですが。難易度ノーマルでも苦戦するって……。

 メダカは稚魚が一匹……? 二匹いるかいないかという感じ。もとから大きいメダカだったからやっぱり弱かったんだろうなぁ。それでも次世代を残してくれたので嬉しいです。ミナミヌマエビは脱皮しつつ着々と増えています。水草も茂って来ました。

 さて、ゲームの内容といきましょう。
 以下ネタバレ。

 あらすじ。
 調査に向かったルキノは、ルドベックが発した命令書を発見するも、時既に遅し。ルドベックは反乱軍を率いて大規模な攻撃を開始した。重い責任に苦しむエンリンシアは、痛む心を無視して、反乱軍鎮圧を命じるのだった。

 反乱軍を鎮圧しに向かったジョフレ将軍。フェリーレ領で反乱軍の撃破に成功するも、それは囮だった。
 フェリーレ正規軍は、既に王都へ向かっていたのだ。さらには、ルドベックにルキノは捕まり、反乱軍は王都から離れて隠れていたエリンシアのもとへと向かうのだった。

 もはや隠れることなどできないと、エリンシアは自ら指揮を執ることを決め、反乱軍と全面対決。厳しい戦いとなったが、見事に打ち破り、首謀者のルドベックを捕らえることを成功した。

 しかし、残りの反乱軍が、ルドベックを解放せねばルキノを処刑する、と伝えてきた。
 友か、国か。決断を迫られたエリンシアは、反乱を起こしてしまった責任は、女王として償っていくしかないと、ルキノを見捨てることを決める。

 そして、ルキノが処刑される……、寸前、アイク率いるグレイル傭兵団が現れ、反乱軍からルキノを助け出した。
 アイクたちは、ルドベックのたくらみに気づいていたクリミア貴族ユリシーズからの依頼で、ぎりぎりまで姿を隠していたのであった。

 終わり。

 今回は、敵の数が多く、一方味方は寡兵という状況だったので、手こずりました。特にうっかり弓兵の攻撃範囲(弓攻撃はペガサスなど飛行ユニットに大ダメージ)に入っていたなんてこともあって……。

 終章では、エリンシアは杖で回復しつつ、恐らく専用装備のアミーテによる四回(通常は一回あるいは二回まで)攻撃で、魔法使いや弓兵を倒して回りました。
 マップは広かったので、ペガサスナイトのマーシャが離れた場所で剣士を引き寄せ、もう一方ではドラゴンナイトのハールでアーマーなど槍使いを相手にしながら、クリア条件である十五ターン生存を達成しました。

 敵将の撃破でもクリアできるのですが、敵の増援がどんどんでてくるので、安全策をとりました。

2014-05-22 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ