ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

ファイアーエムブレム 暁の女神 第一部 7章~8章 その3

 メダカが数匹死にましたが、代わりに稚魚が生まれていました。これから稚魚が育つかどうか、はたまた喰われてしまうのか……。一応隠れ場所は用意してあるんですけどね。卵の時点で見つからなかったので隔離できなかったですし。

 さて、今回は暁の女神第一部7章と8章です。
 暁はどれだけの長さかは分かりませんが、もう直に前半戦はひと段落つきそうです。
 では七章と八章のあらすじと記録。

 あらすじ。
 デイン王国の兵士も多く捕らわれているウムノ捕虜収容所に攻め入り、多数の王国兵を救出することができた解放軍。
 それらに加え、新たにトパックという人物がラグズを率いて仲間に加わる。サザはトパックに、デインの現状をベグニオン神使(首相?)に伝えてもらっていたのだ。
 そうしてもたらされた情報は、神使も不穏な動きを察知して調査をしているも、証拠が見つからず派手な動きが取れないという現状だった。

 神使が証拠を掴むまで、解放軍はベグニオンの駐屯軍たちを相手にすることになる。各地の収容所を解放しつつ、戦力を増強してゆく解放軍。

 しかし、駐屯軍も黙ってはいない。捕虜を沼地に集め、処刑するという暴挙にでた。これは罠であると分かっていても、助けに行くしかない。
 ミカヤは、解放軍から一部の味方を連れて、救出に向かう。
 そして、無事に捕虜を助け出したミカヤ。こうしてまた、ミカヤは暁の巫女としての名声を高めることになった。

 終わり。

 解放軍の勢力はどんどんと拡大していますので、デイン王国を再建してひと段落、というところでしょう。

 さて、今回の章が終わって、ミカヤはレベルが20になりました。FEはクラスごとにレベル上限が20までなので、上級職にクラスチェンジするまではミカヤはもう使えません(行動したキャラに経験値が入るため)。
 他のメンバーも、下級職のユニットはもうすぐ二十になります。ただ、クラスチェンジに使うマスタープルフという道具の数が少ないので、これから加わるメンバーのことも考えると、誰に使えば良いのか……。
 こういったところで前作をやっていないと判断材料が少なくなって困りますね。

 成長の良さで考えると、弓兵のレオナルドか槍兵のブラッドになるかなとは思います。ブラッドは守備が高いけど魔防(魔法攻撃に対する防御力)が低いのがネックですが。
 レオナルドは魔防が10もあるので結構魔法使い相手に迎撃して活躍しているし、全体的に伸びが良かったので。

 守備の堅さでいったらアーマーナイト系を使いたいのですが、メグはレベルが低くて育てづらいし、タウロニオは上級職なので、こんな序盤で使えないし、という現状。

 後は杖使いのローラですが、杖を降らせていますがまだレベルが低いので見送り。

 そんな感じで悩ましいことになっています。

 ラグズユニットは、化身(各ユニットごとに固有の獣に変身すること)しないと、ステータスが低いために使いどころが限られますし、クラスチェンジもしない(?)ので使いづらいですね。

2014-05-10 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ