ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

バイオハザード6 その15 エイダ編開始

 体調不良でした。ようやくましになってきたので復帰。

 もう発売から結構たっているし、そもそもPVででていたしいいよね。ということでバイオハザード6の隠しシナリオ、エイダ編のプレイ記録です。
 今回はチャプター1。

 あらすじ
 今日も今日とてスパイ事業に精を出していたエイダに、ラクーン事件の際に面識があったシモンズから、エイダに関する重要な情報を手に入れたと、連絡が入ります。
 はてさて、何を知っているのか、と興味を持ったエイダは、もたらされた情報をもとに、北大西洋の深海にある潜水艦へと潜入しました。
 狭い通路にいるジュアヴォを気づかれないよう始末しながら進んでいくと、半年前の日付で、エイダに向けて送られた、ジェイクに関するミッションの記録がありました。
 しかし、このオーダーを受けた記憶はエイダにありません。

 シモンズが言っていた重要な情報、しかも「エイダの今後を左右する」とまで言っていたものが、半年前に誰かがエイダからミッションを横取りした、というのでは、あまりにも拍子抜け。
 もうここに用はない、とエイダは潜水艦を脱出することに。
 しかし、ジュアヴォのせいで潜水艦が浸水し始め、迫り来る水から逃げることになりました。
 その途中、謎の女からの質問で、世界を混沌に陥れるのが目的ではないか? などと聞かれましたが、エイダは飄々とした態度で、シモンズが慌てるなら面白いかもね、と余裕の表情を崩しません。

 やがて進んでいくと、シモンズから、君は明日、中国とアメリカにバイオテロをしかける、と通告されます。
 エイダにはエイダの目的がありますが、黒幕に仕立てられ、さらしものにされるのは面白くありません。エイダは、潜水艦を脱出し、シモンズの目的を探る事になりました。
 あらすじ終わり。

 しょっぱなから苦しい戦いでした(笑)。武器はボウガンという威力の高い(と思う)専用のものがありましたが、弾数が少ないので使いませんでしたし、サブのマシンピストルは威力が低い!
 結局、最初は某蛇のごとく見つからないよう背後からしとめてまわりましたよ。ジェイク編で鍛えられていましたしね(笑)。

 そうなると、エイダ編は三つのシナリオの特徴を併せ持つシナリオになるかもしれませんね。
 今回は、三つのシナリオのうちクリス編とジェイク編の半年前の出来事のあとの話ですから、今後他のキャラクターのシナリオを追うことになるでしょう。

 今回のシナリオは、まさにエイダの本業である潜入工作ということで、見つからないよう哨戒を始末し、情報を入手する、という感じでした。
 その後結局見つかってしまいますが、そのときに敵ジュアヴォが壁に穴をあけてくれやがったせいで、浸水してくる水と追いかけっこ。
 虫の集合体である変異ジュアヴォもしょっぱなからやってきて、少ない弾薬をさらに節約しなければなりませんでした。

 けど、エイダらしさが凄いでていたと思います。なんていうか、彼女は飄々としていつも余裕、任務がこなせりゃ他は関係ないぜ、な体なのですが、それでもどこか非情になりきれない人間らしさを持っています。
 シモンズの言うことに興味がないと言い放ちながらも、ちゃっかり潜入しにいったり、とね(笑)。

 今後のエイダの行動が気になりますね。

2012-10-22 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ