ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

バイオハザード6 その9 クリス編終了

 チャプター5です。
 終わり方がもう卑怯。泣いちゃうって、これ。

 クリス編は、ベテランのクリスですら憎しみにとらわれるのに、それを若いピアーズがとめて、諭す。
 過去と現在と、対比をうまく使った構成だと思いました。

 あらすじ。
 海底油田へとやってきたクリスとピアーズ。囚われのシェリーとジェイクを救出し、探索を進める。
 すると、最奥部に巨大なサナギが。それこそがエイダの最終兵器、C-ウィルスで作られた存在するだけで世界を汚染する強力な生物兵器「ハオス」だった。

 シェリーとジェイクを先に逃がしたクリスとピアーズは、ハオスと決死の逃亡劇を繰り広げ、上層部を目指す。
 やがて安定した広間にたどり着くと、ウィルスを拡散させないために食い止めるべく戦うことに。しかし、その巨体に見合った攻撃力と耐久力を持つハオスには決定打が与えられず、ついにはピアーズは右手を失い、致命傷を負ってしまう。

 だが、ピアーズは最後の手段として、エイダから確保しておいたC-ウィルスのアンプルを自身に投与。右腕が異形の腕となり、電撃を放つ力を得た。
 獅子奮迅の活躍によって、とうとうハオスを打ち倒すことに成功した二人。

 後は脱出するだけ。ジェイクの血で抗体がつくれれば、ピアーズも……。クリスはピアーズに声をかけ、励ましながら脱出ポットを目指します。
 しかし、脱出ポットまでたどり着いたときには、ピアーズは自身の限界を悟っていました。クリスを助けることができた結果に満足したピアーズは、自我のあるうちに、とポットにクリスを押し込み、一人海底研究所に残ったのだった。
 そして、施設は爆発する。

 ――クリスの手に残ったのは、ピアーズのBSAAエンブレムだけだった。

 しばらくの後、クリスは前に飲んだくれていた酒場で、ピアーズがうまいと評価したステーキを食べていた。
 そのクリスに近寄るBSAAの隊員。
 次の戦いの知らせだった。
 終わり。

 もうね、ラストが泣ける。脱出ポットの窓ごしに、遠ざかっていくピアーズを見るのは本当に悲しかった。
 BSAAとして、アルファチームとして最初から最後までクリスを支えてくれたピアーズ。だけど、ピアーズにとっての支えもまた、クリスだったのでしょうね。
 ハオスを倒し、クリスを助けることができて、燃え尽きてしまったのでしょう……。

 レオン編をやっているときは、やっぱりレオンは最高だな、とレオンに注目していましたが、クリス編ではピアーズの奮闘に目がいってしまいましたね。

 こうやってシナリオごとにキャラを魅力的に描いてるのは良いですね。

 チャプター5はハオスとの追いかけっこから正面バトルなのですが、かなり苦戦する戦いでした。
 ピアーズが腕を失ったときは言葉がでなかったし、そのピアーズがC-ウィルスでたち上がった時は本当に熱かった。

 苦労してハオスを倒したからこそ、最後のピアーズとの別れが映えるんですね……。

2012-10-14 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ