ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

バイオハザード6 その4 レオン編終了

 とうとうレオン編もチャプター5となり、今回で終わりとなります。

 レオン編は、映画的演出が冴えており、ゾンビへの恐怖感をあおってくる良いできでした。
 墓地や地下鉄などを始め、狭く圧迫感のあるステージで出てくるゾンビや追って来るクリーチャーに、何度悲鳴を上げたことか……(笑)。

 真っ直ぐに立ち向かうレオンは格好良いし、ヘレナのサポートもありがたかったです。

 あらすじ。
 シモンズはウィルスによって変化し、結局口を割らせることはできなかった。
 さらには、ターチィにウィルスを積んだミサイルが飛来。現場にいたレオンとヘレナは……?

 無事でした。散布地点から離れていたのが幸いでした。急ぎクリスと通信し、海底油田に捉われたシェリーと、Cの抗体を持つジェイクの救出を依頼します。
 それを了解したクリス。そして、今度はクリスから、衝撃の事実が伝えられます。エイダが死んだ、と。

 レオンも思うところはありますが、今は生き延びることが先決。生存者を探しにクアッドタワーを目指す事になりました。
 まるで地獄。その中を抜けてクアッドタワーにたどり着くと、守っているはずのBSAA隊員は全員死にたえ、生き残っていたシモンズがいました。
 ヘリコプターに乗った『エイダ』の支援を受け、再びシモンズを退けた二人は、屋上へ。

 それから連戦につぐ連戦。最終的には、シモンズは犬のような姿から、蝿、あるいは蜘蛛のようなおぞましい姿へと変貌し、二人を追い詰めました。
 しかし、最後にはレオンのRPGによってバラバラに砕かれ、辛うじて元の姿に戻るも、クアッドタワー下層のオブジェに突き刺さり、ついに息絶えました。

 ――シモンズの流した血が、アンブレラのマークを形作って。

 ヘリコプターで脱出するレオンとヘレナ。シモンズの犯行の証拠が記録されたメモリをエイダが残してくれたおかげで、無罪を勝ち取ることができた。
 人質をとられていたとはいえ、犯行の一端を担ってしまったヘレナも、委員会が証拠を採用したこと、またレオンなどの意向もあって、エージェントに戻ることになるのでした。

 相変わらず謎に包まれたエイダの行動、罪悪感を持ちながらも、今後を見据えるヘレナ。周囲の女性に向けて、レオンは「女ってヤツは」と呟くのだった。

 あらすじ終わり。

 いや、ゲームとして非常に面白かったです。弾の管理をしっかりしないと切れてしまうのは、戦闘の取捨選択が重要ですし、演出も良く、全編通してドキドキがとまりませんでした。
 ストーリーに関しては、まだレオン編だけしかやっていないので、シモンズの目的、エイダの行動の理由、C-ウィルスの正体などは明かされていません。
 ジェイク編かクリス編で明かされることに期待ですね。特に、ジェイクはウェスカーの息子らしく、クリスにとっては複雑な相手でしょう。

 レオン編だけでのストーリーの感想は、やっぱり格好良いレオンが真っ直ぐに立ち向かっていくのが良かったです。
 クリスやシェリーなどとはあまり絡みませんでしたが、エイダとはそれなりに複雑な関係が続きそうだなあ、と(笑)。
 エイダの行動の理由が明らかになる日は来るのでしょうか。
 あとは、ヘレナですか、彼女には散々助けられましたね。とはいっても、あんまり印象に残っていないんですけど(笑)。
 ファイルをよんでも、正義感はあるそうですが、融通が利かないっていうか、直情的なんですね。エージェントには向いていないかも……。

2012-10-09 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ