ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

既プレイゲーム「密室のサクリファイス」簡易感想

 新しく進めることができていないので昔のを引っ張り出す。今回は密室のサクリファイス。これはPSP用のソフトで、アドベンチャー+脱出ゲームです。

 アドベンチャーパートのストーリー展開は、SF+サスペンス調のやや重い展開をします。流れが良く、引き込んで、魅せるストーリーで、続きはどうなるか、と思わず集中してやってしまう良い仕上がりだったと思います。
 伏線も、納得できる上手さで、最後に、なるほど、と感心できるものでした。
 エンディングは、余韻を残した終わりかたですので、はっきりと示されないと嫌だ、という人にはちょっと消化不良かなぁ。全てのエンディングを見れば、様々な謎は解明されるのですが。
 しかし、真エンドでの盛り上がりは凄まじく、彼女たちの後日談のようなものも欲しいなぁと思ったり。

 主要キャラが五人なのですが、誰も彼も、キているどころか、極限状態の中で(程度の差はあれ)精神的にアレしちゃうこともあるキャラばかり――最初は普通ですが、徐々に本性が見えてくる感じ――なのに加えて、サクリファイス(犠牲)の通り次々と死んでゆき、ほとんどバッドエンドなので、救いのない話が苦手な人は後味が悪いと思います。
 特に狂気に満ちたストーリーとエンディングでは毎回ぞっとさせられました。

 脱出ゲームパートは、閃きが必要な場面では閃かないと本当に進まない。ステージごとに難易度の高低差が結構あったと思います。ノーヒントなんてザラですし。
 紙とペンを用意して画面とにらめっこしながらやりました(笑)。
 もっとも、根本的に間違っているコマンドは実行できないので、パズルなどは適当にやったり総当りでやったりと力技も使いましたが。

 仕上がりは十分及第点で、とても面白かったです。こういう頭を悩ますゲームは、時間をかけるので暇がないとあれですが。
 そのうちストーリーに関する記事も書こうとは思います。

 脱出ゲーム+アドベンチャー。
 意外と面白い名作。サスペンス調のシナリオに惹きこまれる。
 難しい面とか、詰まるときは本当に詰まるので、時間があるときにじっくり進める、あるいはちまちま休憩を挟んでやるのが吉。

 マルチエンド。
 サクリファイスの名の通り、次々と登場人物が死んでいくエンディングがほとんどで、覚悟をしないとかなり気分が悪くなる。
 しかし、苦労してたどり着いた真エンドには、感動……。
2012-11-20 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ