ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

既プレイゲーム簡易感想「エースコンバット04」

 せっかくなのでかつての感想をひっぱってきました。今回はエースコンバット04についてです。

 シリーズとして、実に十作品以上も出ている名作シリーズですが、私は特に04が好きです。
 世界観、システム、ストーリーのどれをとっても素晴らしい。全てがセンス良くまとまっています。
 5などの方がより壮大で、ストーリーに力が入っているでしょうが、04の、一人のエース、英雄を追いかけながら、エースと「ある少年」の関係にスポットを絞った絵による展開の仕方も、何度やっても飛ばすことなく見てしまうほど上手な構成であると思います。

 操作などのシステム面もほぼ完成したといって良いでしょうし、メインとなるミッションも、ある程度プレイヤーに委ねることによって、押し付けられてやるのではなく、自ら進んで行動するようになっているのがポイント。
 徐々にエースとなっていく主人公が、味方に頼られるのは嬉しいですね。ゲーム中の音楽も、今までとはまた違った曲風で盛り上げてくれます。

 ストーリー上のメイン登場人物こそ少ないものの、魅力的なエースや、ジョークも言える相棒など、余分な人物を省いたことですっきりとしているのも個人的には良かったです。人物が増え過ぎても、深みがでるとは限りませんからね。

 後続の派手さや華々しさはないものの、今なお色あせぬ、素朴で味のある作品だと、思います。

 シリーズで一番好きなタイトル(最近のはやっていないけど……)。
 一人のパイロットの軌跡を描く。味のあるイラストによる少年のストーリーも見もの。
 少ない登場人物の誰もが輝いている。音楽も素敵。
2012-11-13 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ