ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

映画「ゴジラ モスラ キングギドラ大怪獣総攻撃」感想

 平成ガメラ三部作の金子監督が指示したゴジラ作品ということですが、本作品はゴジラという存在の意味を語る上でも外せない作品といえましょう。
 私はガメラシリーズもゴジラシリーズもどちらも大好きで、ほとんどの作品をみていますが、このゴジラ・モスラ・キングギドラ(以下GMK)は、平成ゴジラの中では特にお気に入りですね。
 こういった「怪獣バトル」に分類される作品は、比較的ストーリーが子ども受けしやすいために、怪獣特撮系としては人気のでやすいジャンルでもあります。
 しかし、このGMKも、ガメラも、一応は「怪獣バトル」に分類されますが、どちらかというと対決が主題となっているのではなく、別の「メッセージ」が込められているところに共通点があります。
 では、詳しい感想に参りましょう。

 作中台詞「あれは……、原爆……」。

 金子監督らしいといえば、らしい作風の作品だった。
 今までの作品はなかったことにして、最初のゴジラ以降ゴジラはでてきていないという設定だ。もちろん、今までの作品を否定しているわけではない。
 概念として「国」を捉え、星をひとつの生命体、つまりは「地球」も生きているのだ、とする考え方がガメラ同様に生きていた。
 今回のゴジラは、名物怪獣がでてくる、というところが見所ではない。もちろん、怪獣どうしの戦いも多いが。
 重要な点としては「決して忘れてはならないことがある」というメッセージが含まれていることだろう。
 まず根源として、ゴジラには原爆などの放射能関係による問題が多い。そこが本作品では強調されていたように思う。
 そして……。護国。つまりは防人という存在の意味について問うてくる作品であった。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2018-02-23 : 映画関連 :
Pagetop
ホーム

報告

 注意『不定期』更新です。
 現在は書き溜めていた記事を順次公開中。

 今後は簡潔なメモ書き程度の記事になる予定。

プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香

カレンダー

ブログ内検索

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ