ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「俺に働けって言われても乙HD その20 大家さんとともに!」

 タイトルに深い意味はありません。ただ大家さんに万歳を捧げるだけです(笑)。まあこれからも、ひきこもりの私と仲良くやっていってくれることを願って、ということで。
 さて「俺に働けって言われても乙HD」第20回にして、ついに最終回も見えてきました。前回一週目をある程度のレベルまで終えたと述べましたが、二週目でちょっとした図鑑埋めをして、現在の三週目が、おそらく最後の周回になるでしょう。
 プレイ時間は100時間を突破して、ここまでひとつのゲームにはまりこんだのもかなり久しぶりです。それだけ私と相性が良かったんでしょうねぇ。

 また引き継ぎ要素もあるのですが、引き継げないものはリセットされるので、今回は『大家さんのチェックリスト』――いわゆるやりこみ要素をすべて埋めることを目標にしたいと思います。
 少し調べたのですが、一週目(まあ最初は赤字でゲームオーバーでしたけれど)の時点では何の情報もなしに手探りで頑張って来ましたが、どうやらユニークキャラを解雇するとだめだったり、ある条件でしか得られないものがあるなど、色々と失敗している部分もあったようです。

 なので今回は、何度も言いますがすべての要素を埋める!

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-31 : ゲーム関連 :
Pagetop

「俺に働けって言われても乙HD その19 そしてこれから」

 ええ。どうやら二年目12月が一区切りだったようです。
 魔法塔だってレベル9になって、新しいダンジョンが増えたり、レベル上げや仲間集めなど。
 まだまだ終えていないイベントも多いのですが、プレイ記録の方もこれでいったんは終了にしたいと思います。

 総プレイ時間35時間強。最終資産3500万強。
 でした。それでは、最後に追記を書いて、終えたいと思います。

 「世界も、あなたも。どちらとも、欠けちゃいけないものなんだなって、思うんです。少なくとも、私にとっては」

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-29 : ゲーム関連 :
Pagetop

「俺に働けって言われても乙HD その18 兵站確保!」

 「俺乙」18回ですが、おそらく20回程度で多分終わりになると思います。
 正直報告することがないですし、なにかイベントが起きたら適宜記事にしてみようかな、程度で。
 もう完全に安定してお金を稼ぐことができるようになったので、あとは「変異種(いわゆる裏ボス)」に注意しながら、ダンジョン探索と冒険者のスキル上げが目下の課題でしょうか。
 では。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-27 : ゲーム関連 :
Pagetop

「俺に働けって言われても乙HD その17 ダンジョン攻略へ向けて」

 「俺乙」17回。
 資金が十分たまってお金も集まりだしたところで、いよいよスキル上げとダンジョン攻略にも乗り出そうというところです。
 ダンジョンは俯瞰マップで見ますから、こっちこっち、こっちきて、とちょっとやきもきすることもありますね(笑)。
 でもそれが結構面白いんですよ。これが合うか合わないかで評価も変わってくるんじゃないかなぁ。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-24 : ゲーム関連 :
Pagetop

「俺に働けって言われても乙HD その16 目指せ、札束風呂」

 「俺乙」も16回にしてそろそろネタ切れ。
 いや、未発見のダンジョンや開拓していないところ、建築物のレベル上げによる村の発展など細々としたものは残っているのですが。どうにも文章に起こすと、ああした、こうした、という報告だけになって真新しいものがないといいますか。
 もっと、こう、ずばばばん! と、なにがなんだかこいつは凄いぞ! という感じな報告がしたいわけです。
 冒険者たちとの出会いと別れをドラマチックに書いてもいいですが……。とまあ、そんな感じでやっていこうと思います。
 あ、今まではひと月につき一回の記事でしたが、今後は複数月に渡って書くこともあると思います。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-22 : ゲーム関連 :
Pagetop

「俺に働けって言われても乙HD その15 宿屋増築と新職業」

 「俺乙」15回になりますが、だんだんとネタ切れになってきた感じが否めない……。
 大家のリリウム嬢もネタ切れがねぇ、と言っていましたし。
 それはさておき、今回ようやく増築した宿屋による冒険者たちの新規雇用が果たせました。
 おかげで稼げる稼げる。ほうら、明るくなったろう、とできそうなくらいに。ですが、逆にこれからどうすればいっかなぁ、というところなんですよね。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-20 : ゲーム関連 :
Pagetop

「俺に働けって言われても乙HD その14 ダンジョン探索ましましで」

 「俺乙」第14回目は2年目2月まで。
 今回はちょっとびっくりしたけれど、まだ余裕があるということがわかった、という回でした。
 ダンジョン探索→高く売れるマナ素材を落とすモンスターを探す→指定狩りでマナ素材を入手が黄金パターンで。
 ダンジョン探索→開発に必要なマナ素材を収集→シンボル及びボスモンスター退治が次点ですかね。
 どちらにせよ、日に云万はかたいパターンですので、オススメです。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-17 : ゲーム関連 :
Pagetop

「俺に働けって言われても乙HD その13 素材集め」

 「俺乙」13回は、素材集めとそれにともなう雑多なことについての記事です。
 俺乙では、素材は二つに分けられます。まず、いわゆる「薬草」だとか「鉱石」だとかのアイテム素材。
 次に、モンスターから採れる「××××マナ素材」です。マナ素材はモンスターを狩れば自動でたまりますが、アイテム素材は能動的にアイテム採集をしなければ手に入らないという違いがあります。
 さて、そんな中で私はどうなのかというと。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-15 : ゲーム関連 :
Pagetop

「俺に働けって言われても乙HD その12 変異種の脅威」

 12回を迎えた「俺乙」ですが、まあ順調といっていいでしょう。
 特に冒険者たちのレベルが上がってきているのがいいですね。きちんと順序だてて探索に送り込んであげればいいですし。
 もし全滅しても救助費用は余っているお金でペイできますから。
 全滅はしなければしないほどいいんですけれどね。まったく意味のないものですから。

 あとは、村もそこそこ発展してきて、おかげで冒険者の装備も整って来ました。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-13 : ゲーム関連 :
Pagetop

「俺に働けって言われても乙HD その11 安定をめざして」

 ひきこもりに安定もなにもないとは思いますが、とりあえずは安定した生活が送れています。
 今後、冒険者たちの給料を賃上げしていくことを考えれば、一年目はダンジョンを開拓して、二年目に突入してから宿屋を改築。それからパーティをわけて冒険していくほうが良いかもしれませんね。

 いやあ、思えば一年目はがんがん宿屋を改築したせいで負のスパイラルに陥ってしまったので、宿屋の増築は、まず借金をペイしてから、資金をためたのちやったほうがいいですよ。
 これ、経験者からの助言です。とはいえ、もう数年経つゲームですけれども(笑)。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-10 : ゲーム関連 :
Pagetop

「俺に働けって言われても乙HD その10 別れとこれから」

 第十回という節目を迎えた「俺乙」ですが。
 現在のところは順調とはいえませんね。稼ぎが安定しないですし、素材もぜんぜん集まらないので村が発展させれません。
 もしかすると、一年目はならし運転の期間なのかもしれませんが、がんがん進めてゆきたいという想いはあります。

 ユニーク冒険者はまだあまり雇っていないんですけれど、消えない、よね……。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-08 : ゲーム関連 :
Pagetop

『俺に働けって言われても乙HD その9 アメイジング!』

 「俺乙」も第九回を迎えましたが、一週目ではゲームオーバーとなった五月末を越すことができました。
 つまり家賃の滞納なしということです。ですが、どんどんと問題はでてきて……・。

 どうすれば効率的にレベルアップさせていけるのかしら。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2017-03-06 : ゲーム関連 :
Pagetop

四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE ちょこっと感想

 『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』は、PlayStation4『ねぷねぷアクションRPG』です。
 発売日は『2017年2月9日』となっており、およそ一か月ほどプレイしたことになりますね。なので、ここらへんで簡単に感想でも書いておきます。なお、ネタバレはあまりありません。それというのも、私自身がまだまだゲームの序盤? にいるからです。
 簡単に説明すると、『四女神オンライン』という『ねぷねぷの世界のゲーム』のさらに新規タイトルという設定の『四女神オンラインβテスト版』をロールプレイする『ねぷ子』たち『プレイヤー』がロールプレイするというややこしいメタメタなゲームです。

 ゲーム序盤の目的は、魔王復活を防ぐ、あるいは対抗するために四つの神器を集めて四女神を降臨させる、という感じでして。
 そこにNPCたちが絡んできて、イベントをこなしつつサブイベントのメタ発言やCG回収をしながら進めてゆくという感じですね。相変わらずのネタに走ったキャラクターたちもいますが、意外とキーパーソンだったります。

 主人公ねぷ子たちのパーティは最大四人まで組むことが可能で、スキルはレベルで覚えます。
 物理攻撃・魔法攻撃・回復の三つを覚える『メイン盾』の聖騎士ねぷ子をメインに。
 物理攻撃特化にして槍使いノワール。回復系支援系特化のヒーラーブラン。
 エンチャントによる属性ダメージ付与と物理攻撃スキルを覚えるサポートもできるアタッカーベールのいつもの四人に加えて。
 魔法攻撃特化の魔法使いネプギア。二丁拳銃による遠距離攻撃、属性バレットと近接物理技を使い分けるユニ。
 ぶっちぎりの火力を誇るサムライのロム、近接の通常攻撃と中距離忍術を使い分けて戦うテクニカルキャララムの妹組四人。

 以上、八人が現在使用できるキャラクターです。これに加えてねぷ子たちの女神化をモデルにした四女神が加わるそうですが。まだそこまで行っていません。
 なんだか使えるキャラクター少なくない? とお思いでしょうが、私としてはこれで十分でしょう、と感じました。まず、なにより重要な装備の強化などの大変さを考えれば、プレイアブルキャラクターは増やしづらいですね。レベル上げも大変です。
 それにキャラクターを増やすということは、当然プレイスタイルが被ってしまうキャラクターもいるわけで。またサブキャラたちはショップでの参加になっているのでイベントがないということもなくきちんとゲームに参加してくれます。。
 もっとも、八人の育成に注力できるのがなによりですね。きちんと住み分けのできているスタイルになっていますから、火力で攻めるか持久戦を挑むかでパーティを編成できますね。AIはあんまり頭は良くないので作戦指示を都度都度適当に出す必要もありますし。

 リーダーにして操作するキャラクターと相性のいいキャラクターでパーティを組むもよし。好きなキャラクターで組むもよし。
 アクションゲームとしてはいまのところ難度は低いので好きなようにできるのは良いですよ。ただ、装備を強化しないとさっくり死にますけれど。

 アクションゲームとしては十分な仕上がりですし、スキル構成を考えるのも楽しいです。
 ボス戦はあまり変わり映えはしないですが、狩りゲーなんてそんなものですから、文句はないですね。

 総じてねぷねぷできる楽しいゲームです。
2017-03-03 : ゲーム関連 :
Pagetop
ホーム

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ