ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

小説『秒速5センチメートル』感想

 『君の名は。』にあわせて過去の新海作品も見直していたわけですが、秒速と言の葉は小説もあります。
 映像ではもう何度も何度も見た作品ですが、言の葉はともかく秒速の小説版は心理描写が繊細に描かれているので、オススメです。そも、秒速は日本国内における地理的、精神的な『距離』を描いた作品なので、君の名は。の完成度を高める意味合いでもセットで読むとさらに面白いのではないかな、と思います。
 秒速の映画版は3部作構成ですが、なぜ短編3部作になっているのかと言えば、それは最後に持ってきている『手紙』にすべてが凝縮されているのを考えれば当然ですね。

著者 : 新海誠
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日 : 2016-02-25
 アカリとの思い出を引きずりすぎたがゆえに諦観してしまったタカキくん。『大丈夫だよ』の一言だけを寄る辺にして。独白で出てくる『どうして誰かを幸せにできなかったのだろうか』という告白が悲しい。
 東京から鹿児島。再び東京へと戻ってきたが、どうしても『この場所じゃない』という違和感がぬぐいきれない。

 映像には映像の良さがあったけれど、小説版もとてもよい。やっぱり最後の踏切のシーンで、ようやく前に向いて進めるようになったのだろう。
2016-12-30 : 本(小説・漫画)関連 :
Pagetop

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』感想

 バイオハザード:ザ・ファイナルを観てきました。ちょうど公開日でしたしね。
 いやあ、もう一作目から15年? 以上も完結にかかったバイオハザード(向こうではレジデントイビルですか)映画シリーズですが。

 あちらこちらと迷走を繰り広げながらもなんだかんだで楽しませてもらいました。特に今回は最近の中では結構面白かったかな。
 CG映画も控えていますし。ゲーム7も控えているタイトルですから、それなりにひとがいるかな? と思って行ったのですが時間帯が良かったのか、日にちが良かったのか空いていて見やすかったです。一応、3Dで観ましたが、吹替字幕にこだわりがないのなら2Dでもいいと思います。

 シナリオは、なんだかターミネーターみたいな印象を受けました。1作目があんな感じでしたし、続いていってもあんな感じだったので余計に。最後の最期で、あぁ? とはなりましたけれどね(笑)。
 ネタバレは控えて簡潔に感想を書くと、結局ご都合ないつもの映画版バイハでした。ただ仕上がりが意外としっかりとしていたので、最近の作品の中では面白く思えたという感じで。前作ラストから今作序盤までかなりかっとばしてましたからね。でも、一作目をリスペクトしようとするような内容、ゲームの雰囲気を出そうとする努力はよかったですね。
 B.O.W.やプラーガ(マジニ)に関してはどうなの? という疑問もありますが、すべてはゲーム的に言えば始祖ヴァイラスから始まっているので、そこを潰す内容である今作は完結編としては、まあまあ及第点と言えるでしょう。起承転結がしっかりしているので。お間抜けさんばかりですが(笑)。

 本作ではいろいろと過去作の内容をぶっ壊してきましたが……。面白いと感じればよし(笑)。少なくとも、わたしは映画版やゲーム版を追ってきたバイハファンにオススメしても問題のない作品になっていると感じました。
2016-12-23 : 映画関連 :
Pagetop

映画「デモリションマン」感想

 刑事もの特集。
 デモリション・マンは、シルヴェスター・スタローン主演、1993年のアメリカ映画です。
 全てが管理された近未来社会で巻き起こる大事件の物語です。
 結構めちゃくちゃな設定ですけれど、センスの良い台詞回しや、ちょっとした小ネタに笑えて、面白く見れました。

著者 :
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 : 2011-01-26
 相変わらずスタローンは格好良い。
 加えて、現代と過去のギャップに戸惑うのが可愛い(笑)。

 管理社会となった近未来で、古臭い刑事のスタローンが大暴れするというストーリーで、非常に分かりやすい。
 管理された平和か、泥臭い自由か。人が考えることをやめてしまったら、単なる一動物に落ちるということ。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2016-12-16 : 映画関連 :
Pagetop

映画「ダーティハリー」感想

 またシリーズを見直そうかな(笑)。
 今回はクリント・イーストウッド主演の刑事サスペンス映画「ダーティハリー」です。
 若かりしイーストウッドが格好良い! ここのところは、老いたイーストウッド作品を見ていたからか、久しぶりの衝撃だった。
 やっぱり彼には静かな演技が似合う。

 本作では、自らの信念のためなら、悪人を殺害することもいとわない刑事と、何の目的もなしに、凶悪な連続殺人を起こす異常者との対決が描かれています。
 己の正義と現実の狭間で苦悩するイーストウッドに注目。

 「考えているな? この銃に、弾が残っているか」

著者 :
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 : 2000-04-21
 型破りな刑事「ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)」が、マグナムを手に、凶悪犯と対決するサスペンス映画。
 刑事ものといったら、まずこの作品が出てくるほど好きな作品。シリーズも多く出ているが、中でも本作はもっともお気に入り。

 ダーティ(ダーク)ヒーローとして、キャラハンが孤独に戦う。彼の独特な台詞回しと、静かな演技が冴える。また、狂気を感じる悪役の演技も見事。

 警察や社会が異常者を守ることについても、考えさせられる。
 何度見ても面白い名作。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2016-12-09 : 映画関連 :
Pagetop

メダロット 弐CORE 総評 その15



 メダルで動くロボット、メダロットを育てて戦うGBCソフト「メダロット2」のリメイク。
 安易なリメイクではなく、メダロットのボリューム増加や、バランス調整なども積極的に行われている。
 綺麗になったイラスト、よく動くメダロットたち、と、正統にバージョンアップがされている。
 2の主人公イッキは、3、4、にも続投されており、長いストーリーになっているが、この作品だけでも一応完結している。
 メダロットの秘密を知るには、続編もやったほうが良いが、リメイクされていないので、そこは好みで良いだろう。

 個人的には、もっとも好きな2のリメイクということで、思い入れは深い。イッキは媒体によってキャラ付けが異なるが、ゲーム版がもっとも好き。
2016-12-02 : ゲーム関連 :
Pagetop
ホーム

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ