ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

『世界樹の迷宮 V 長き神話の果て』 真ボスクリア(完全クリア)

 世界樹の迷宮5、第六層『裏ボス』を『69時間55分45』で無事に討ってエンディングその2を迎えました。
 樹海地図、アイテム図鑑、モンスター図鑑もコンプリートしてエンディング3も迎えて完全クリアしたと言っていいでしょう、
 ちなみに、裏ボスのいる30Fまで行くのに何度も死ぬがよいをされて、パーティ構成はかなり悩まされました。希少個体を狩りまくってレベル上げ+武器レベルを5(最大)にして、レベル99引退99にしてもキツかったです。
 雑魚はインビジブルで回避して、F.O.E.だけに攻略を絞ることでなんとか、といった感じです。

 では裏ボス攻略パターンを載せておきます。

 以下ネタバレ。

続きを読む

2016-09-30 : ゲーム関連 :
Pagetop

『世界樹の迷宮 V 長き神話の果て』 表ボスクリア(シナリオクリア)

 クリア時間は、37時間47秒23でした。
 階層ボスもトライ&エラーの繰り返しで、一階層から全力で殺しにかかってくる世界樹の迷宮は楽しかったです。
 お前ここで出てくるような雑魚敵じゃないだろうよ! というのもたびたびあって、やっぱり世界樹の迷宮はこうじゃなきゃな、という洗礼を受けました。

 敵の弱点属性とか、対抗策とかを、自分で考えてパーティ構成をするのが、世界樹の迷宮での醍醐味ですが、今回は職業別というよりも種族別に得意不得意が決まるので、それを(転職など)踏まえてパーティを構築するのが楽しくて。
 結局3パーティも作ってしまいましたが、いろいろ試した結果、本当にパーティの枠が足りなくて、こいつ入れたいんだけれど、こっちのが有用だよなぁ、という場合はアイテムでスキルを代用する、という感じで進めていきました。

 料理アイテムのおかげで探索はがんがん進めることができたので、それは良かったです。ただ、料理の材料を買えたらよかったかなと思いました。

 さて、では25階の表ボスを倒した段階での現状を書きます。激しくネタバレしているのでお気をつけて。

続きを読む

2016-09-23 : ゲーム関連 :
Pagetop

メダロット 弐CORE メダロポリス 地下古代遺跡 その8

 メダロット弐第八回は、ロボロボ団アジト後編。
 いよいよ、全てが集束しだす、といったところでしょうか。
 もちろん、まだまだ先は長いですが、各自の思惑が動き出します。
 経験値稼ぎでレベル上げしていたので、敵はそこそこ倒せますが、うっかりするとあぼん(笑)。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2016-09-16 : ゲーム関連 :
Pagetop

映画『君の名は。』感想

 折り合えず、公開してから3回見てきました。シン・ゴジラはもっと見たけれど。
 もともお新海誠監督の作品は大好きで、星のこえから君の名は。まで全部見ています。
 新海誠作品と言えばサブタイトルに英語を用いていますが、今回はシンプルでしたね。
 your name 。でも、映画の内容に凄くマッチしていたと思います。

 そんな『君の名は。』は、新海誠監督の集大成と言えるでしょう。
 新海が今まで描いてきた作品のテーマをすべて凝縮したハッピーエンドで終わる。
 新海にしては珍しい作風ですが、これもまた描きたかった作品の形ではないのかなと思います。

 新海誠監督の作品と言えば、すべての作品に共通して『距離』というものが描かれています。
 『物理的な距離』『精神的な距離』『時間的な距離』『空間的な距離』『死者と生者という距離』。
 これらを根幹にして、男女の悲恋と孤独を描いて、それでも前へ進んでゆくしかなく、人はいやでも成長してゆく。
 幼い心の成熟。

 それが新海誠が伝えたいことだと思っています。

 すると、君の名は。には上記の距離の設定すべてが詰め込まれていることがわかります。
 露骨なネタバレは避けますが、例えば現代を描いた作品である傑作『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』などは、まあ会おうと思えば会えるんですね。

 だけれど、君の名は。ではラストシーンまで絶対に会うことはかなわない。
 なぜかというと、絶対的に不可能な距離が存在するから。
 けれど、新海誠が描く、主人公の男の子の、諦めきれない、という想いによってようやく、成人したふたりは出会いお互いに空いてしまっていた穴を埋めることができた。

 ここは秒速5センチメートルと比較すると面白いのですが、秒速5センチメートルでは、男の子は過去と向き合い決別することで成長するのですね。前へ進むことができるようになったんです。

 しかし、君の名は。の男の子と女の子はお互いがお互いに諦めきれない、もう諦めてしまおうか。いや、まだだ。
 という風に、ラストシーンにつながるまで諦めないのです。だから、あのラストシーンの振り向くシーンが映える。

 新海誠の集大成。
 ぜひ劇場でとうぞ。
2016-09-09 : 映画関連 :
Pagetop

メダロット 弐CORE メダロポリス ロボロボ団アジト編 その7

 メダロット弐第七回は、ロボロボ団のアジトへ潜入調査開始まで。
 ついに正体の片鱗の見せる相手も。
 しかし、あらすじにまとめていますが、主要人物がもれていたり、あんまりうまくいかない……。
 怪盗レトルトや、レトルトレディなんかも今まで何度か出ていますが、省いています。
 まあ、細かいところは実際にプレイしてみてください。拙いあらすじでもストーリー自体は理解できると思うので。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2016-09-02 : ゲーム関連 :
Pagetop
ホーム

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ