ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

アニメ「お姉ちゃんが来た」感想

 短編アニメ集。
 再婚してできた超絶ブラコンの義理の姉と、ごく普通の男子中学生の弟くんのコメディ作品。
 登場するお姉ちゃん、別の姉弟含めて3人。+弟くんのクラスメイトたちとのドタバタ劇。
 最初はちょっと否定気味だった弟くんも、なんやかんやのすったもんだの末、お姉ちゃんのことを心配するほどの仲になる。
 その過程はやや飛ばし気味だがきちんと描かれていて良かったと思う。人物全員が埋もれることなく機能していた。
 ショートアニメだから気が向いたときに気軽に見れるのも○。
2014-12-29 : アニメ・テレビ関連 : コメント : 0 :
Pagetop

漫画「さび抜きカノジョ」感想

 最初は普通に旦那のようなアベック路線かと思ったらまさかのオカルト路線。
 アベックの甘い部分はそこそこに抑えて、むしろ周囲の状況に焦点をあててきていた。
 途中まではそれなりに面白く読めたが、途中からちょっとついていけなくなった感じはある。
 スピンオフとのことだが、特に設定上分からないということはなかった。ただ個人的には旦那のほうが好み。
 一巻完結ということで軽く読めたのはいい点か。また物語として起承転結しているのでそこも評価点ではある。
2014-12-26 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop

映画「ザ・シークレット・サービス」感想

 今回取り上げるのは、クリント・イーストウッド主演の1993年の映画『ザ・シークレット・サービス』です。
 最近イーストウッド熱が再熱してきました。なので、適当にイーストウッド主演の作品を見てみることに。彼が監督した作品ではないんですが、やっぱりイーストウッドは格好良い。
 守るための技術を教わったフランクと、殺すための技術を教わったリアリー。二人の対比が良かったですね。

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
発売日:2004-09-08

 過去に後悔を抱える男。
 シークレット・サービスという仕事に誇りを持って、年老いても、情熱をかけて活動してきた男の物語。
 暗い過去を持つ男を演じるイーストウッドが冴える。

 全編通して緊張感のある展開は見事。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-12-22 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop

小説「VRMMOをカネの力で無双する1」感想

 普通のVRMMOモノ。異世界にも行かないし。オンリーセンスオンラインからほのぼの要素をある程度抜いてバトル要素を追加した感じかもしれない。色々危ないネタとか、パロディネタとかあって面白かったです。
 web版の再構成ということですが、web版は読んでいないんですね。完結しているそうなので、いつか読もうかなぁと思ったらweb版に忠実な「ジ・オリジン」が発売したのでそっち読むことにします。
 むうこっちを先に読み進めるか、ジ・オリジンを次に読むか。

 VRMMOモノ。
 完璧超人ツワブキ・イチローと、自らの弱さをゲームで克服したいと願うキリヒト。あとついでにその他のプレイヤー。
 テンプレーションな設定ではあるが、対照的なふたりとその心境を巧みに描いていたと思う。
 神童であり常に勝ち続けることが当たり前だったイチロー。しかし仮想現実の世界はイチローにとって逆にハードモードとなる。一方で現実がハードモードなキリヒト。
 人生には優劣があり人は平等ではない。けれど、強さにせよ幸せにせよ、必死に求め続ければ、いつか願いは叶うのかもしれない。

続きを読む

2014-12-19 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop

映画「グラン・トリノ」感想

 また見返したので、比較的新しいですが、過去の映画を。
 今回取り上げるのは、2008年のアメリカ映画で、監督と主演はどちらもクリント・イーストウッドの作品『グラン・トリノ』です。
 イーストウッドと言えば、最近では『人生の特等席(感想記事へリンク)』も見てきましたが、グラン・トリノは彼が積極的に俳優として活動しなくなった最後の作品です。
 これは何度も見るくらい好きな作品です。終わり方が好きなんですよね。なによりストーリーも。イーストウッドが渋いし、深い。

ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2009-09-16

 渋さと深みのあるストーリー。
 イーストウッドの演技はさすがとしか良いようがないし、込められたメッセージは心のどこかで受け止めることができる。
 「責任」は必ず取る必要がある。自分の「責任」で行動していかなくちゃならない。
 コワルスキー(役:イーストウッド)の最後には何度見ても涙が流れた。

 良い映画だったけれど、見るたびに辛い思いを感じる。けれど、それが活力にもなって、不思議と頑張ろう、と思える作品。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-12-15 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop

漫画「それは突然、運命の相手が4」感想

 今回で、「それは突然、運命の相手が」シリーズ完結です。
 全編通して、あっさり明るめに描かれていたので、気楽に読んでゆく事ができました。
 ただ、内容としては面白い設定ですが、もうちょっと発展できないかなぁ、という感じでしょうか。

 シリーズ完結。今回のアベックは、一巻まるまる使って描かれていた。
 難しく考えることなく読める作品だけれど、今回はさらに簡潔に書かれていて、内容は薄い。
 両親が不和ながら、相性最高の通知が来てしまう、という流れが活かされていなかったように思えた。

 それでも、息抜きに程よい量で、楽しませてもらったので満足した。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-12-12 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop

漫画「それは突然、運命の相手が3」感想

 「それは突然、運命の相手が」第三巻です。
 次で完結なので、後一回よろしくお願いします。内容があるとは言えない作品ですけれど、面白いです(笑)。

 ゲーマーカップル編が完結。
 微笑ましく進んでゆくので、見ていて安心できた。
 しかし、次のカップルは、また一筋縄ではいかなさそうだ。
 いちゃいちゃする二人を見ているだけで楽しい。
 最近、男一人に女複数という内容の作品を多く読んでいたが、やっぱり男女ペアが一番好きだ。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-12-08 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop

漫画「それは突然、運命の相手が2」感想

 相変わらず、ほのぼのしていて良かったです。やっぱり細かいところは気にせずに読んだほうが吉ですね。
 絵も好きだし、明るい話も好きだから、これは好み。

 ほのぼの、いちゃいちゃ。
 分かりやすく、都合の良い展開だが、それが良い。息抜きに読める。

 今回は、前巻の続きの話と、新たな話の二話構成。
 前回に比べてよりいちゃいちゃ度が上がっている気がする。甘い。

 本当にこんなシステムが施行されたらどうなるんだろう。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-12-05 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

呟き


プロフィール

風見澄香

Author:風見澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ