ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「デモンゲイズ Global Edition その23 おまけ」

 本編は終わりましたが、wiz系ダンジョンRPGは本編が終わってからこそ本番。
 というわけで、今回はトロフィー100%に至るまでの道のりをダイジェストで。
 そうはいっても、特に問題なく100%にできたんですけれどね。……まあ時間こそかかりましたが。
 どれだけかかったか……。聞いてみます?

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-30 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ Global Edition その22 総評」

 なんだか簡易感想でいいたいこと全部言った気もしますが。
 ネタバレ要素を含む部分は追記から書こうと思います。とても面白いゲームでした。
 まだまだアイテム収集なども終わってないし、ユニークアイテムはその周回では1つしか入手できないので、何週でもしようと思えばできます。
 もちろん、まだ一週目で必要なものだけ揃えて装備を整えたり強化を完全に済ませてから、万全の状態で二週目に生きたいと思います。周回にはとある条件が必要なので(今は達成済み)。

 『デモンゲイズ』。wiz系3Dダンジョン初心者にはオススメできる名作でした。

 では簡易感想の下、追記からネタバレ含む感想。

著者 :
角川ゲームス
発売日 : 2014-07-03
 剣と魔法のファンタジー世界を舞台にした3Dダンジョン探索型RPG。既に発売済みの『デモンゲイズ』に英語音声・字幕を付け加えたもの。
 とある宿酒場を拠点にしてダンジョンに向かい、ハック&スラッシュによってレベルを上げて装備を整える。ダンジョン探索に必要となる施設は拠点にすべてひとまとまりになっている。
 3Dダンジョン系では基本となる要素はそのままに、より初心者がとっつきやすいシステム構成となっている。ダンジョンは比較的に単純ながら少しいやらしい構成だし。
 例えば、特定の場所で特定ジャンル(剣や刀など)の武具を必ず(レア度はランダム)獲得できるなどが挙げられる。
 珍しく難易度設定も可能で、4つの難易度から選んで進めることになる。自信がない初心者はイージーかノーマル。経験者はハードやその上など。パーティ構成も宿酒場の女管理人がおすすめしてくれるし、初心者用のヘルプも充実している。
 総じて高次元でまとまっていて、非常に面白いゲームだと感じた。狙ったアイテムを手に入れたときの喜び、強敵を倒したときの喜びをよく感じられる。
 また特徴的なシステムとして『デモン』というものがあるが、これは各自調べて欲しい。このデモンの運用が『デモンゲイズ』の肝でもある。
 ただ、慣れた人には優しいと感じられるもので、全力で殺しにかかってくるゲームではないので、そこは熟練者には物足りないかもしれない。

 とはいえ、個人的にはすべての要素を解禁してしまうほどに面白く、長くやりこむことのできたゲームであり、これからもやり続けるだろうと予想できる名作である。

続きを読む

2014-08-29 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その21 最後の神」

 『デモンゲイズ』21回目にして、これでシナリオすべてクリアとなります。
 やや唐突な展開やサービス展開が多かったような気もしますが、3Dダンジョンに不慣れな人にもオススメできる程よいバランスのゲームだったと思います。
 難易度は各自で調整できますから、ヘビーユーザーはきつめ、ライトユーザーはぬるめでやったりできるのも嬉しいところですね。特に難易度的に差はない様子なので、どっちが有利ということもありませんし。
 っと、あとは総評にまわすとして、今回の感想記事をどうぞ。
 駆け足で進んで来ましたが、クリア時間は50時間強。ゆっくりやったので、やっぱりそこそこにはかかってますね。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-28 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その20 ××××討伐」

 えっと、20回で終わりそうだと思いましたが、もうちょっとだけ続きそうです。
 というのも、隠しダンジョンがあったためで。
 しかもかなり難しそうで今までのデモン戦で培ってきた知識を総動員する必要がありそうです。
 それはさておき、今回は本編終了後のおまけ要素。
 といっても、ストーリー的には続いているのですが。つまり本編終了後のエピローグが後日談だとすれば、その後日談の前にあたる話しになりますね。
 今回は。さて、ではいってみましょう(本編終了後の内容につきネタバレ注意)

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-26 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その19 最期」

 いよいよラストボス戦です。
 封印されている系のボスは、封印直後は弱体化しているというお約束があるので、それに従って弱体化してくれているとありがたいですけれど。
 逆に命を喰らって完全復活するパターンもありますけれどもね。
 主人公たちは後には引けません。ここで勝たなければ……! 準備は万全。いざ、決戦。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-25 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その18 運命の日」

 ちょっと急展開かな、という感じもしますが。
 きちんとここに至るまでの過程があったのでよしとしましょう。
 今回はイベントのみ。そのためあらすじとちょっとした感想で終わりです。
 しかし熱いイベントが続きますね。恋愛あり、バトルあり、友情あり、世紀末あり、と詰め込んでいるのに破綻していないのが凄いですね。
 面白いゲームです。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-24 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その17 最後の至宝」

 デモンゲイズ17回です。
 通常ボス扱いのデモンはすべて討伐し終わり、××××を手に入れて、あとはいよいよラストダンジョンになるのかな。
 記事じゃ20回程度でおさまるかな。まだわかりませんが。
 さて、ではグリモダール城の最奥へ向け、いざ出陣。装備よし、道具よし、戸締りよし、資金よし。
 せっかくのユニーク装備だからもうちょっと強化してもいいような気もしますが、とりあえずはこんな感じでいきたいと思います。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-23 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その16 ウラヌス討伐」

 いよいよラストも近いっていったところですか。
 イベントも続くし、フランの告白(真実的な意味で)もあるし。
 身内でも何かやってるし。うむ。ちょっと蚊帳の外な感じが……。
 一応デモンゲイザーで主人公ですよ、自分。あと、今回は短めです。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-22 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その15 プルト討伐」

 思えばここにくるまであっという間だったような気がしないでもないですね。
 プレイ時間は今のところ50時間程度かな。いろいろあったけれども、ゴールももう間近になりそうですね。
 討伐したデモンの数的にも残っているダンジョンもあとわずかってところでしょうか。
 とはいえ、こちらもレベル上げや装備品の収集及び強化、デモンたちの忠誠度上げもしなくてはならないので。
 まだまだラストダンジョンがでてもレベル上げ作業に没頭しそうです。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-21 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その14 裏切りと」

 謎が謎を呼ぶデモンゲイズ14回目です。
 これからは竜姫亭(拠点)を経営しているフランという女性についてと。
 デモンという存在について。さらに世界の真理……、古代からの盟約と光と闇のなんちゃらについて。
 それらが今後あかされてゆくのでしょう。
 今から楽しみです。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-20 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その13 アストロ討伐」

 いよいよ物語も佳境といったところでしょうか。
 さまざまな思惑が交差し、それに巻き込まれる……、いえ、その中心である主人公デモンゲイザー。
 そしてそのデモンゲイザーと関わる人々。
 果たして、デモンとはいったいどんな存在なのか。悪なのか、善なのか。それとも、人の考えが及ばないような超常的な意志でも働いているのか。
 ソルの目的。ルルの目的。フランの目的。……なにより主人公には、デモンを全て封じたあと、なにが残るのだろうか。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-18 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その12 ルルの正体」

 超シリアス展開開始。
 いや、今までもその予兆があったんですけれどね。まさかここまでくるとは思いませんでしたよ。
 いっつも適当にやっている賞金稼ぎどもにも、愛着があったんだなぁ……。
 そして再びの驚愕の事実ってか、驚愕の事実多すぎるよ! もうどんだけどんでん返しというか、なんというか、ええい! びっくりさせれば気が済むのよ!
 ……こほん。というわけで、今回はあらすじだけです。というのも、ちょうどストーリーの転換期に入った様子だから、ですね。そのため短くまとめることができないし、どうせなら一本まるまる使ってストーリーを理解してもらったほうがいいかな、と思いまして。
 というわけで、物語の核心に迫る内容でもあるので、GE版からはじめよう、という人は見ないほうがいいでしょう。みるなら注意してくださいね。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-17 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その11 ヴィーナス討伐」

 まった面倒くさいダンジョンでしたよ。あっちこっち行かされるし、スイッチ踏まないと進めないし、見えない壁はあるし。
 でもまあ、そこも3Dダンジョンの面白いところですよね。ここが怪しいかな、と思って調べてアタリのときは本当に嬉しいですから。雑魚戦のエンカウント率もストレスがない程度ですし、装備はサークルめぐりで整うので資金調整だけしておけばいいので、3Dダンジョン初心者にはオススメのゲームです。
 といっても、もう何年も経っていますから、新しいシリーズもでるでしょうけれどね(笑)。

 それよか、VitaTVの調子が悪いことの方が気になります。ケーブル足しているから電力が足りていないのかな……? それともLANの方?
 この前はゲームのOPでかくかくしたり、俺乙をやっているときはフリーズしてしまい一切の操作を受け付けませんでしたから。
 今デモンゲイズやっている分には全然かくかくもフリーズもないんですけどね。なにか特定の条件があるのか……。
 なんだか怖いのでバックアップをPS3のほうにとっておくことにしました。PS3は全然調子悪くないですから。
 気がついたら29GBもデータ使っているけれど、データ容量の使いすぎで調子が悪いってこともないだろうし。64GBですからね。

 ああ、話しがそれました。ではデモンゲイズ11回をどうぞ。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-16 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その10 ユピテル討伐」

 な、ながかった。デモンゲイズ10回目にして、相当苦労したダンジョンでした。
 これでいくつめのダンジョンだろうか。ラスボスまではまだまだなんでしょうけれど、マップは広いし、隠し扉も多いしで。
 その代わりにいい装備が手に入ったり、レベルもとんとんあがっていったのでいいんですけれどね。
 ボスは……。うん、ちょっと迷っている間にレベルあがりすぎちゃったかなぁ、なんて。
 装備も強化しまくりましたしね。とはいえ、ノーマルなんであんまり調子に乗るのもあれですけれど。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-15 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その9 グリモダール城突入」

 デモンゲイズはいよいよ様子見は終了といったところでしょうか。
 詳しいことはわかりませんが、もう少しすれば中盤戦に入りそうですね。
 新たなダンジョン、新たな敵。そろそろ旧ダンジョンの魔物は見飽きていたのでいい感じです。
 ただ結構強化されているので、こちらもエンチャント(=バフ)効果やデモンを積極的に使っていきたいところですね。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-14 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その8 使命」

 デモンゲイズ第八回ですが、今回はあらすじ、というかストーリーの説明だけです。
 一応ちまちまサークルめぐってレベルあげながら装備も整えているのですが、そろそろ頭打ちってところですかね。
 新しいダンジョンが出てこないことにはどうにも……。
 キークエストをこなせば新ダンジョンもでるのでしょうが、その前にレベル上げをしておきたいというのがwiz系のお約束。
 あれですね。ここでいったん休憩だよ! といわれると次の面で死ぬがよいがきそうで怖いって言うのが本音です。
 レベルを上げすぎて困るってことはあんまりないと思うんで……。安全にいかせてもらいます。とりあえず全員18~20くらいになるまで上げるかな。

 以下ネタバレ含むあらすじ。

続きを読む

2014-08-12 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その7 ネプトゥヌス討伐」

 デモンゲイズもさくさく進めていきましょう。
 まあ途中で更新が滞ってきたらライトノベルとか、映画とかの感想記事で繋ぎますけれども。
 難易度的には世界樹よりやさしめだし、ストーリー性もあるし、なによりテレビ画面でできるので眼が疲れない。
 あんまりゲームばかりやっているわけにもいきませんが、その短い時間でも進めることができるので、ゆとりゲーマーにはいい塩梅です。
 ファンタジーらしいギミックも豊富で、面白いですね。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-11 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その6 ヘルメス討伐」

 第六回にして3体目のボス討伐です。
 うんうん。順調ですが、そろそろ防具を強化(いわゆる+値の付与)を行わないと強敵との戦いでごっそりHPがもっていかれますね。
 後衛にも飛んでくる攻撃も多いので、後衛職も気に入った防具を手に入れたらさっさと強化してしまったほうが良さそうです。
 幸い、お金は余っていますからね。足りなくなってきたら適宜補充しつつ、という感じでしょうか。
 ダンジョンの難易度が上がればあがるほど収入もあがるので(こちらはデモンの使役やスキルだけで回復は十分)次のダンジョンではサークルめぐりもしたいところですね。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-10 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

映画「STAND BY ME ドラえもん」感想

 すべての、子ども経験者へ。ドラ泣き、しませんか?

 今回はCGアニメ映画作品「STAND BY ME ドラえもん」を見てきました。
 笑いあり、涙あり……。そうして家へと帰り感想記事を書いているのですが、まだ余韻が抜けず涙がぽろりと……。
 劇場でも涙で映像が見えなくなるほど泣けたのに、まだ泣かすか! ここまで心から泣いた作品は本当に久しぶりです。
 本作品ではミニチュアキットを使っているとのことでしたが、どこで使われているのか分からないほど映像とマッチしていました。そして3Dを巧みに使ったCGが本当に綺麗で、表情ひとつひとつどれをとっても、その人物の内心が見えてくる。特に……。

 感情移入しまくりで序盤から泣きまくりだった。
 ドラえもんとのび太の出会い。そこから始まるふたりの生活。子守用ロボットでありながらポンコツなドラえもんが面白い。
 大人には懐かしい過去のシナリオの連続が。子どもたちにはドラえもんという存在の意味が。それぞれ明示されており、大人も子どもも楽しむことが出来る名作だろう。

 これからは以下ネタバレ含む感想で。

続きを読む

2014-08-08 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その5 襲撃」

 ちょっとシャレにならない事実が判明しました。
 超初期段階なのに物語の根本に関わる事実が明かされるので、ネタバレには本当にご注意を。
 ていうか今までの明るい展開が嘘みたいに容赦なくぶっ壊されるし。本当これからどうなるんだろ。対人関係とか……。
 こういった内容は過去作に当たる円卓の生徒でもあったのかな。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-07 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その4 マルス討伐」

 デモンゲイズ第四回は二体目のボス撃破まで。
 イベントが豊富ですし、アイテム収集や強化などもあるから、クリアまで時間かかりそうですね。
 それでも登場キャラクターは魅力的ですし、飽きさせない工夫もあって楽しんでいます。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-06 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その3 クロノス討伐」

 デモンゲイズ第三回にして、ようやく一体目のボスを撃破しました!
 世界樹ほどきつくはないけれど、余裕を持って倒せるというほどでもないという絶妙なバランス。
 難易度調整もできますが、私はノーマルで進めています。これがハードだったらきっついだろうなぁ(苦笑)。
 さて、主人公の素性はいまだ謎に包まれていますが、それは宿酒場の管理人さんも同じ。
 普通だったらラブコメ展開なんですけれど、なんだか世紀末的な雰囲気が漂ってきていますね。
 あとボスが可愛い。許す。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-04 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ その2 デモン討伐へ」

 いよいよボス戦であるデモンとの戦いに備えての準備が始まります。
 やっぱりストーリ性はそこそこに高いらしいですね。
 その代わり仲間にできる人数に制限がかかっているし、相応にお金も必要となります。
 これは少数精鋭で突破して金銭を節約するか、数を揃えて対応して安定性をとるかで悩みそうですね。
 まあ最終的にはフルメンバーになることは確定なので、今から金銭を貯めておくのは当たり前ですが。

 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-03 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

映画「ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー」感想

 今日はこれ。ポケモンの映画を付き添いで見てきました。自分も機会があれば見てみたかったし、ちょうど良かったです。
 で、内容に関してはネタバレに詳しく書くとして。同じく短編+本編となっており、正直短編はポケモンたちのやりとりが可愛いなぁという程度の子供向けでした。
 逆に本編は生命の死と誕生をテーマに盛り込んだ内容になっていて、さすがに同じく生命をテーマにしたミュウツーには劣りますが、それでもよくまとまった感動する内容だったと思います。実際涙がでましたし。
 「ディアンシー」というポケモンを軸にして展開するストーリーはドラマ性が強く、ポケモンバトルの要素はあんまりないので、ポケモンのぶつかり合いが好き、という人はちょっと残念に思うかも。
 またどうして、なぜ、というのが明示されないので、自分なりにこうなのかなぁと思うフィールの精神がないと楽しめないかもしれない、かな。

 映画作品としては、まあ普通。ポケモンとしてみると……。セレビィの映画に近いかもしれない。
 今作はそこそこ楽しめたが、D&P3部作のような熱い展開もなく、突っ込みどころが少々多いように思う。
 懐古するわけではないが、もう少しシナリオ構成の段階でやりようはあったのではないだろうか。
 XYはやっていないが、メガシンカを押し出しているのか、よく分からなかった。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-02 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「デモンゲイズ Global Edition その1 その名はデモンゲイザー」

 デモンゲイズってなにさ。という方のために公式サイトをチェックした私が答えると。
 3Dダンジョン型のオーソドックスなハック&スラッシュ=ダンジョンにもぐり敵を倒し装備を手に入れ、ダンジョンから帰還し装備を整え、ダンジョンにもぐり敵を倒し装備を……。以下ループのゲームだと思います。
 多少の独特なシステムはあるようですが、基本的には3Dダンジョンを攻略しながら、というのがメインですね。ああ、3Dダンジョンというのは真・女神転生のようないわゆる自分の視点で前を見ながら進んでゆくという形式です。
 今では世界樹のほうが有名かな。FPSとは違うんですけれど、マス目という道があってそのマスの上を辿ってゆく、といえばわかりやすいでしょうか。

 さて、このデモンゲイズ。海外でも結構売れたらしく逆輸入されるほどの名作かつとっつきやすい様子。
 ただ最初はTVに対応してなかったので(公式では対応していると書いてあったので)サポートに確認してもらい時を待っていたのですが、ようやくプレイすることができるようになりました。

 舞台は剣と魔法のファンタジー世界。さあ、彼らはいったいどんな冒険譚を見せてくれるのでしょうか。
 それと、ちなみにいっておきます。私はマッパー症候群です(地図を全て埋めなければ先へ進みたくない3Dダンジョンユーザーの病気)。なのでちょっと更新に時間がかかる時がある……、かも。

著者 :
角川ゲームス
発売日 : 2014-07-03


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-08-01 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ