ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

小説「町民C、勇者様に拉致される番外編」感想

 町民Cシリーズ完結とかいっときながら番外編でちゃいましたね。勇者様に求婚も番外編でましたしね。
 でもまあそれで綺麗に完結してくれたし、スポットを当てて問題をすっきり解決してくれたってところは評価点ですよね。
 番外編というか、んー。やっぱり完結編、かな。さて、今回の町民C。どうして勇者が今のような性格(無口無表情無愛想の3ぞろい)になったのか。町民Cの選んだ選択は正しいのか。
 そして、ふたりの今後はどうなるのか。それらすべての解が……、見つかるかもしれない。

 勇者様の隠された過去と真実。
 元町民Cにして元神子にして元星源樹にして現世界樹兼旅人C(長い!)に降りかかる難題。
 これでようやく綺麗に完結といったところか。4巻でもまあよかったが、今回はさらに勇者様にスポットが当てられていてよかった。
 物語的には、いろいろ設定なんだかは違うが王道的なものである。しかし、最後まで(視点変更はあるが)一人称を貫き、町民Cのツッコミで終わらせ。
 なによりにやにやさせてもらったので非常に満足した。シリアス部分もあれど、それを全部ふっとばすのが町民Cだ。

続きを読む

2014-03-31 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop

小説「町民C、勇者様に拉致される4」感想

 ついに「町民C、勇者様に拉致される」シリーズも、今回で堂々の完結!
 読み終えるまでに結構時間が経ってしまいましたが(それなりに連続しては読んでいる)、とても面白く読めました。……文庫版が発売されちゃったんだよなぁ。
 最初は、軽くゆるいノリの旅物語なのかな、と、思っていましたが、予想以上に練り込まれた設定と、世界規模の事件を解決するという、壮大な物語となっていました。
 最後にはどんどん盛り上がっていって、締めで感動のラスト。ハッピーエンドで終わってくれて、とても嬉しいです。
 微笑ましい最後でしたね(笑)。

 「庶民ライフを一緒に満喫しましょう!」

 町民C、勇者様に拉致される完結。
 コメディタッチなくすりと笑える突込みと、シリアスな物語の展開がつりあっていて、疲れることなく読み終えることができた。
 今までに出てきた情報をきれいにまとめて、すっきり終わったな、という印象。
 最後は上手い具合に綺麗に終わりすぎかな、とも思うけれど、これはこれで良いと思う。

 登場人物の名前が出てこなかったこととか、町民Cに関わるもろもろのことの、理由がしっかりとしていて、読んでいて納得できた。
 救いのある話で、人の良い面、人生の楽しさを知るべき、というメッセージを受け取った。

 楽しく読ませてもらった。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-03-22 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop

小説「町民C、勇者様に拉致される3」感想

 もう一年経つ前に読まないと、と思って読みました。
 今回はかなり真面目な仕上がりでしたが、今までより読みやすさは改善されたのか、するする頭に入りました。神様という概念の考え方には感心したり。

 結局、大事なのは自分自身なのか、それとも、世界規模で他者を愛せるのか……。
 次回が楽しみな終わり方だった。ぜひともハッピーエンドで終わって欲しい。

 意外と深く考えさせられる内容だった町民C三巻目。
 今回は、町民Cの真実と、世界の行く末が決まる大事な内容だった。
 町民Cの軽口が少ないのもあって、全体的にシリアスな仕上がり。こうなるとは予想できなかった。

 世界を蝕んでゆく人類。それに絶望するか、それでも信じるか(愛するか)……。
 世界の設定も興味深く、面白かった。

続きを読む

2014-03-20 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop

小説「町民C、勇者様に拉致される2」感想

 町民Cに関する謎もどんどん出てきます。そして新たに現れる謎の人物と、世界規模の大きな問題も発生してしまいます。
 主人公の一人称が少々読みづらく感じてきましたけど、これからどうやって動いていくのか気になってすぐ読んでしまいました。町民Cも可愛い性格していますしね。
 どうやって事態を解決に導くのか、楽しみです。

 軽い題名に反して、内容はどんどんシリアス方面に進んでいる。
 今回では重要な鍵になるだろう人物が登場し、町民Cたちの未来が気になってしまう。
 謎がどんどんでてくるが、知識の少ない町民Cによる一人称であるために、はっきりと解明されなく、少々もどかしい気持ちになる。
 それに彼女の視点からは分からないことも多いので、次巻からはどんな様相を呈するのか今から不安になる。

 勇者、町民C、彼らの抱える謎とは……?


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-03-18 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop

小説「町民C、勇者様に拉致される1」感想

 アルファポリスより出版された著者『つくえ』氏によるファンタジー小説です。

 二巻を読み始める前に一巻の内容をまとめておくついでに感想を書く!
 まだ一巻なので、伏線をちりばめる段階でしたが、主人公である町民C同様、能天気に構えてあっさりと読んだほうが良いかな。そこまで難しく考える必要はなさそうです。
 軽い文章に抵抗感がない人とか、なれている人にはオススメ。さくっとした一人称で進みますしね。値段も1200円+税なら、文庫になっている過去の名作を二冊買えるだろ、という人にはオススメできない。

 一般市民視点で進むほのぼのストーリー。
 事件に巻き込まれるんだけど、勇者様が解決してくれるので、そこは安心。
 出てくる登場人物の役割などがはっきりとしているので、分かりやすく読みやすい。
 文章は一人称で好みが分かれる。

 これからシリアスになりそうな伏線もあって、ストーリーが気になるところ。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-03-16 : 本(小説・漫画)関連 : コメント : 0 :
Pagetop

映画「ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~」感想

 色々あって更新ができていません……。記事自体はちょこちょこ書いているんですけれど。
 それはさておき、今回は映画「ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~」を見てきたので、その感想を。
 去年はオリジナルでしたが、今回はリメイクですね。個人的には、旧作でのところどころ惜しいと感じた部分を改善しつつ、堅実なリメイクとして仕上がっていたと思います。泣ける部分では相変わらず泣けましたし。
 しかし、逆に良かった部分がちょっと、という出来になっていたり。プラスマイナスで、総合プラスかな、という程度でしょうか。
 どちらかというと、旧映画版よりも原作漫画版を意識していたように思います。

 子どもゆえに残酷なシーンもあるのがドラえもんですが、今回はそこまででもなかったかな。ただ、科学の発達と心の発達という、結構難しい題を扱っていたように思います。

 あとはあらすじとちょこっとした感想で終えたいと思います。

 「ぼくたちは、大人になって、何をしているのかな?」

 映画版のリメイクというより原作版のリメイクに近い雰囲気を持っていた。子どもらしい残酷さを描く。
 確かに世の中はきれいごとでは立ち行かない。いつか閉ざされた世界が暴かれるときがくるだろう。
 そのときに、人は……。きっと過ちを犯すだろう。それを正すのが、間違った大人を見た子どもたちなのだろう。


 以下ネタバレ含む感想。

続きを読む

2014-03-15 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

呟き


プロフィール

霞スミカ

Author:霞スミカ
 線路の上しか歩けないブログ管理人。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ