ゲーム・本(小説・漫画)・映画などの感想レビューがメインのブログです。

「DINO CRISIS 1・2」感想

著者 :
カプコン
発売日 : 1999-07-01
 このゲームは単にバイオハザードの恐竜版という枠には収まらない。確かにシステム面ではバイオハザードと似通った点は多いにある。
 バイオハザードのゾンビも確かに理由も分からず襲い掛かってくるし、このディノクライシスでもなぜ恐竜が存在するかが理解できない恐怖がある。
 しかし、それら類似点すべてを恐竜の存在こそ、すなわちかつての地上の王者たちが覆している。
 恐竜たちはゾンビなどよりはるかにタフかつ強靭。そして素早くどこまででも狡猾に追いかけてくる。
 特にディノニクスの描写はかの名作ジュラシックパークを彷彿とさせる。そして最大の強敵である恐竜たちの王者の存在。
 ゾンビよりもはるかにリアリティがあるからこその恐怖があるのだ。個人的には、ディノクライシス(無印)のほうがはるかに、ホラーサスペンスと呼ぶに相応しい仕上がりだったと感じる。

著者 :
カプコン
発売日 : 2000-09-13
 サバイバルホラーゲームとして傑作だったディノクライシスがアクションゲームへとシフトした作品。
 弾がかつかつで、必要以上の銃の使用を避けなければならなかった1に比べ、こちらは弾のあまりを一応気にしながらもどんどん銃をぶっ放して恐竜たちを退ける形になる。
 そうするとポイントがためて新しい銃が買えたり、弾薬の補充ができるというシステムになっている。シナリオは前作から続いているので、前作をやったほうがいいとは思うが、逆にシステムの違いに迷うかもしれない。
 ただ、個人的には面白いと感じたし、ミニゲームもよかった。受け入れるのは好みの問題になるか。
2012-08-31 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

映画「アベンジャーズ」感想

 期待大、楽しみにしていたアベンジャーズ見てきました! 興奮しすぎて熱でて体調が悪化しました!
 全体としての感想は、期待通り、予想以上の面白さ、といったところです。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
発売日:2012-12-19

 とても楽しいお祭り映画。
 アメコミのヒーローたちが一堂に会するのは壮観。それぞれの魅力がしっかりと伝わってくる。
 内容としては実にアメリカンな仕上がりで、そこが良い。


 以下、ネタバレを含む感想。

続きを読む

2012-08-24 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop

映画「劇場版 臨場」感想

 臨場見てきました。
 臨場は、「半落ち」「クライマーズ・ハイ」などで有名な横山秀夫の警察小説を原作にした作品です。前にテレビドラマ化もされており、人気はそれなりにあったと思います。

 本作のあらすじは。
 2010年に起きた無差別通り魔事件。しかし、死者四人、重軽傷者十五人にも及ぶ凄惨な事件を起こした犯人の男は、精神鑑定の結果、心神喪失状態であったとされ、刑法第三十九条「心神喪失者は罰せず」によって無罪が確定した。
 遺族は悲しみにくれながらも泣き寝入りするしかなく、やがて、事件が一般の人にとって過去の出来事となりはじめた2012年。犯人の無罪を勝ち取った弁護士と、精神鑑定を行った医師が相次いで殺害される。
 刑事部鑑識課検視官の倉石は、この二つの事件を追うことになる。

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2012-12-07

 ぞっとするお話。遺族のことを考えると、苦しくなる。
 「殺人」「法律」ということに関して考えさせられる作品だった。
 特に現代の法律や裁判があり方、抱える難しい問題が描かれている。


 以下ネタバレ注意。感情のままに書いているんでとりとめがないです。

続きを読む

2012-08-23 : 映画関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「ロックマン ゼクス」感想

著者 :
カプコン
発売日 : 2006-07-06
 ロックマンゼロから続く新シリーズ。ゼロ、エグゼともども全シリーズプレイ済みでの感想。
 ロックマンゼロのかつての××××たちの力を借りて、巨悪と戦う主人公の姿を描く。クロスフュージョンのような独特の変身システムが売り。
 操作は簡単かつスタイリッシュで、いろいろなスタイルを使い分けて戦ってゆくことになる。
 スタイルごとに異なる「技」を用いてボスの弱点をついて戦い、あるいは特殊技能を持つスタイルでステージを踏破する。
 ストーリーもロックマンゼロから続く系譜ということで、各所で過去の記録が垣間見える。ただし、やはりゼロ4でどうなったのかは分からない。
 分からないからこそ、想像の余地が生まれるし、××××たちがどうしてこのようなものを残したのかも気になる。
 総じてバランスよくまとまっていながら、ストーリーをより深く掘り下げる良ゲームだった。
2012-08-17 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「リリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士3~」感想

 アトリエシリーズ三作目。
 今回はマリーやエリーが通うアカデミーが出来る前に当たる過去の話。エリーでは少々とっつきにくくなってしまった調合システムを見直しているため、より遊びやすく。
 また恋愛要素を前面に押し出し、今まで特に気にしていなかった男性陣との恋愛エンドも可能に。ただし恋愛要素は切ることもできるので単なる友情エンドも可能。
 総じて遊びやすくなっている印象が強く、ただし錬金術だけにかまけている暇はないという点で言えば、エリーとマリーのいいとこ取りといったところ。
2012-08-10 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop

「マリーのアトリエ 及び エリーのアトリエ」感想

 記念すべきアトリエシリーズ第一作目。

 過去やってきたゲームで、たぶん一番好きな作品。
 優しく明るい雰囲気を持ち、何週やっても面白い、高い中毒性がある。

 ごく普通の女の子が主人公で、世界の滅亡もなし。暗い過去もなし。
 だけど、それが良い。進路に迷って、冒険に出るか、研究にのめりこむか。
 そういった選択を任せてくれるところが、最大の魅力かもしれない。

 今でも、たびたびプレイしている。

 マリーのアトリエから大幅に進化したエリーのアトリエ。しかしそれが逆に初心者にはとっつきづらいシステムとなってしまった。
 逆にマリーのアトリエをやりこんだ人には魅力的にうつり、さらなる錬金調合天国へといざなう。
 自ら分量を決める調合システムや、まったくオリジナルの自己流で調合するシステム。
 これが敷居を高くしている原因ではあるが、実に面白い。中毒性の高さで言えばマリーを大幅に上回り、ストーリー面も錬金術を前面に押し出している正統派の進化系。
 ガストのアトリエシリーズはエリーで完成したといっても過言ではない。
2012-08-03 : ゲーム関連 : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム

呟き


プロフィール

霞澄香

Author:霞澄香
 据え置きはPS4しかないSONY大好きな雑食管理人。
 購入するゲームはほとんどPS4のもの。
 あとはヴァイスシュヴァルツと携帯電話のアプリゲームを趣味程度にやっています。

カレンダー

ブログ内検索

アクセスカウンタ

本棚

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ